病院のご案内

ごあいさつ

院長あいさつ

人生のリスタートを応援します。

不幸にして脳卒中や大腿骨骨折などの重い病気、けがを患うと、手足のまひや言語障害、歩行困難などの重大な障がいが生じてしまうことがあります。これらの疾患やけがはある日、突然、襲いかかってきます。突然の入院、そして引き続いての検査や外科手術、毎日繰り返される点滴注射など、本当につらい急性期治療の日々が続き、ようやくそれらが一段落したとしても手足のまひや言語障害、痛みなどで苦しむ、そんな時には誰でも人生の絶望を感じるでしょう。「家へ帰れるのだろうか?」「仕事に復帰できるだろうか?」「家族はどうなるのだろうか?」など、患者さんは皆、とてつもない不安と絶望に苛まれます。この時期、すなわち急性期治療が一段落ついて、これからは損なわれた機能を回復させることが医療の中心となる時期が回復期であり、この時期こそ、その患者さんの人生の一大転換期となるところです。
損なわれた機能を回復するためのリハビリテーションは急性期からすでに始まります。しかし外科手術直後や治療のために毎日点滴注射がおこなわれる時期、食事がとれず体力がすっかり損なわれてしまっている時期には十分なリハビリテーションはできません。急性期治療が一段落してからの3、4カ月間、ようやく体力が回復し、リハビリに打ち込めるようになる一方で、上に述べたような絶望感や不安と向き合わざるを得ない苦しい時期こそが回復期です。そしてこの回復期はリハビリテーションの効果がもっとも期待される重要な時期であり、この時期を逃してしまうと障がいが固定してしまい、その後にリハビリを行ったとしても回復の程度は著しく限られたものとなってしまいます。当院はこの回復期のリハビリテーションに特化した専門病院です。当院の責務として、回復期に患者さんにできる限り有効なリハビリテーションをしていただくことはもちろんですが、同時に患者さんを苦しめる悩み・不安にも相談に乗り、いっしょに解決・緩和の道を探ることに努めたいと思っております。
失われた機能を少しずつ取り戻していくことが患者さんの新たな人生の生きがいとなるよう、職員一同、精いっぱい、お手伝いをさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします。

院長 金森雅彦

副院長あいさつ

現在は発病後の経過の中で、1)急性期リハビリテーション、2)回復期リハビリテーション、3)維持期リハビリテーション、の3つの段階に分けて、それぞれのリハビリテーションに適した体制の病院で、より専門的なリハビリテーションを行う傾向にあります。
急性期を脱した状態の患者さんに、集中的で専門的な回復期のリハビリテーションを提供する病棟が回復期リハビリテーション病棟で、2000年4月の診療報酬改定で初めてこの病棟が制度化され、現在まで全国的に普及しつつあります。 これは、質・量ともに豊富なリハビリテーションを十分に行い、日常生活活動の向上や社会復帰・家庭復帰をめざすリハビリテーション専門病棟です。 

上飯田リハビリテーション病院は全床(98床)回復期リハビリテーション病棟であり、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と医師・看護師・介護士・管理栄養士・医療ソーシャルワーカーなどが綿密な情報交換を進め、質の高い高度なリハビリテーションを実施し、1日24時間の入院生活自体が有効なリハビリテーションになるように運営されています。

患者さんが最短の期間で最高の機能を獲得されて社会復帰されますように、科学的根拠に基づく質の高いリハビリテーションを高密度・高頻度で実施することをめざして、スタッフ一同日々努力しております。

副院長 小竹伴照

スタッフ紹介

写真で見る病院案内

スタッフ紹介

ページトップへ戻る